環境方針

基本理念

望月印刷株式会社は、印刷を通して社会に貢献していきます。
多様なメディアが存在する21 世紀においてもなお、印刷物は人々とって最も大切なメディアのひとつであり続けると信じています。印刷は、人々にとって必要不可欠なものだからこそ、環境にやさしくなければなりません。
私たちは、印刷物の実利的有用性ばかりではなく、その製造・販売活動において、環境負荷の低減に配慮した生産活動及び、環境にやさしい製品の提供に努め、環境と経済が調和した持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。
そして、かけがえのない地球環境を健全な状態で次の世代に引き継いでいくために、環境保全活動を技術的、経済的に可能な範囲で推進します。

行動方針

当社は、個人情報保護の重要性を認識し、「個人情報保護に関するマネジメントシステムの要求事項(JIS Q 15001)」に従い、以下の取組みを実施します。

  1. 環境関連法規・条例および所属団体のガイドラインを順守します。
  2. 個人情報は、お客様へのサービス上必要な範囲及び従業者の労務管理上必要な範囲に限定して、適切な手段で取得します。個人情報の利用目的や苦情及び相談の窓口などを明確にして、通知または公表します。また書面によりご本人から直接個人情報を取得する場合には、ご本人の同意を得た上で取得します。
  3. 事業に用いられる原材料やその作業手順の特性をよく理解し、環境負荷軽減と汚染予防に積極 的に取り組みます。
  4. 個人情報の漏洩、滅失または毀損などのリスクに対して、予防処置並びに是正処置を含め、合理的な安全対策を講じます。
  5. 資源の有限性についてよく理解し、資源の効率的利用とリサイクルに努めます。
  6. 環境に関する教育・周知活動を推進し、全社員の環境意識の向上を図るとともに、お客様へも 環境負荷軽減に繋がる印刷物の提案を積極的に行います。
  7. この環境方針を社外に公開します。

平成19年10月1日
望月印刷株式会社 代表取締役社長 望月 邦彦

平成19年10月1日
望月印刷株式会社 代表取締役社長 望月 邦彦


ISO14001とは国際標準化機構 (International Organization for Standardization) が1996年に制定した規格で、組織(企業・自治体など)に対して環境に負荷をかけない事業活動を継続して行うように求めた規格です。
そのために組織が構築したマネジメントシステムが審査機関によって審査され、規格に適合していると認証されることにより、認証・登録されます。
当社は、環境方針の理念に則り、印刷産業が環境に与える負荷を低減し、持続可能な社会の構築に貢献するために、2008年6月19日に「ISO14001」を取得しました。


JAPAN COLOR標準印刷認証
PAGE TOP